28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_s

モビットの返済額っていくらくらい?他の消費者金融より安い?

Posted by

ede0beb56955386cb808516b4280df8b_s

「週末はデートなのに給料日前で金欠。3万円だけどうにかしたい!」「急な飲み会があって1万円だけ欲しい」など、急にお金が必要になったことはありませんか?

そんなお悩みを解決する方法の1つに消費者金融での借入があります。

なかでも、申し込みから融資までが早く、スムーズに借入できるのがモビットのカードローンです。

必要な時にすぐにお金が借りられるのは、とてもありがたいですよね。

しかし、借りるときはスムーズでも、後々の返済金額が高すぎるのは困ります。

今回はそんな方のために、モビットの返済額について調べてみました。

毎月いくら返済すればいいの?

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

消費者金融でお金を借りると、金利の計算や返済の回数など、返済プランをシュミレーションするのが難しいですよね。

「ややこしいことは後回しにして、とにかく最低毎月いくら返せば良いのか知りたい!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はモビットの最少返済額を一覧にしてみました。

ちなみに最少返済額とは、毎月必ず最低限返済しなければならない金額のことを言います。

モビットの最少返済額の決定は、最後にお金を借りた時の利用残高によって変わります。

モビットの最小返済額一覧

  • 最終借入後残高10万円以下…最小返済額4,000円
  • 最終借入後残高10万円超20万円以下…最小返済額8,000円
  • 最終借入後残高20万円超30万円以下…最小返済額11,000円
  • 最終借入後残高30万円超40万円以下…最小返済額11,000円
  • 最終借入後残高40万円超50万円以下…最小返済額13,000円

例えば、5万円を借りたとすれば、ひと月に支払わなければならない最小金額は4,000円です。

そして、返済前に追加で6万円を借りたとしたら、合計11万円となりますので、支払わなければならない最小金額は8,000円になります。

他の消費者金融と比べてお得なの?

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

では、他社と比べた場合はどうなるでしょうか?

それぞれの借入金額で、他社との比較をしてみました。

金額別に見る他社との最小返済額 比較一覧

5万円を借りた場合の最小返済額

  • モビット…4,000円
  • アイフル…4,000円
  • アコム…3,000円
  • プロミス…2,000円

10万円を借りた場合の最小返済額

  • モビット…4,000円
  • アイフル…4,000円
  • アコム…3,000円
  • プロミス…4,000円

50万円を借りた場合の最小返済額

  • モビット…13,000円
  • アイフル…13,000円
  • アコム…15,000円
  • プロミス…13,000円

一覧で見ると分かるように、借りる金額によって、会社ごとにそれぞれ最小返済額が変わってきますね。

5万円を借入れる場合の最小返済額が一番安いのはプロミスですが、10万円を借入れる場合の最小返済額が一番安いのはアコムです。

そして、50万円の借入になると3社の最小返済額が同額になり、アコムのみが15,000円と他に比べて高くなります。

返済額が低いと返済期間は長くなる

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_s

このように、最小返済額で見ると、一概にどこの消費者金融がお得とはいいきれません

しかも、当たり前のことですが、返済金額が低いと返済期間は長くなり、結果的に支払う利息も高くなります

例えば、モビットで10万円を借入れた場合、毎月最小返済額の4,000円で返済していくと、利息総額は約2万6260円、完済まで32ヶ月もかかってしまうのです。

しかし、同じく10万円を借入れ、毎月8,000円返済していく場合はどうでしょう。

この場合、利息総額は約1万1565円、完済まで14ヶ月となります。

月々4000円返すか8000円返すかで、これだけの金額と期間の差が発生するのです。

まとめ

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

今回はモビットの返済額を調べて以下のような結果が出ました。

    • モビットは最後に借入れをした時点の利用残高に応じて最小返済額が決まる
    • 他社との比較では借入金額次第で金額に差が生じる
    • より多く、より早く返す方が断然お得

カードローンはなるべくお得に、そしてスムーズに返済していきたいものです。

そのためには、月々の返済を安くすることばかりにこだわらずに、返せる時に、できるだけ多く返していくことがお得に利用するコツですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です